鳥取から下松に殴り込み キタ━━(*゚∇゚)━━ !

鳥取牛骨ラーメン応麺団が下松に来訪

「2014牛骨ラーメンワールドサミット」 の協力依頼で

鳥取牛骨ラーメン応麺団の米田良順団長と、鳥取牛骨ラーメン店主会の川崎雅樹会長
応麺団の米田良順団長(左)と店主会の川崎雅樹会長(右)

下松(くだまつ)ラーメン関係者にとって、以前から気になる存在だった鳥取牛骨ラーメン。牛骨ラーメンの集積地は、全国でも下松と鳥取県中西部に限られており、しかも両地とも半世紀以上前から独自に発展してきた歴史があります。大衆的な味の文化が、ごく限られた地域にポツン、ポツンと存在していたのは大変珍しいことです。そんな鳥取では、3月16日(日)に『2014牛骨ラーメンワールドサミット』が開催されるそうです。

2014牛骨ラーメンワールドサミット

鳥取牛骨ラーメン応麺団

世界初の牛骨ラーメンのサミットとなる同イベントは鳥取牛骨ラーメン応麺団が主催です。そしてこの度、応麺団団長の米田良順さんと、鳥取牛骨ラーメン店主会会長でラーメン幸雅(こうが)店主の川崎雅樹さんのお2人が、下松に殴り込みキタ━━(*゚∇゚)━━ !!・・・ではなくてw、イベントの協力を求めて下松に来られました。

筆者は米田団長からご連絡を受け、下松市内のラーメン店をいくつかご案内することになりました。1月のある日、先に下松市役所をご訪問されたお2人と下松駅前で合流。まずは「駅前にうまい店なし」の定説を覆すお店「北斗亭」に出陣しました。

1日で4店の下松ラーメンを堪能

北斗亭で食べる米田団長と川崎氏
初下松ラーメンをすすりお2人は「うまい!」。これは地元の人間としては大変うれしい言葉でした。「けっこう鳥取の牛骨ラーメンとは味が違います。こちらは甘さがありますね」と川崎さん。「鳥取ラーメンも食べてみたいです」と私が言うと「今日持ってくればよかったなあ」と笑う川崎さん。いつか鳥取に食べに行きますね!

米田団長はお店の方と「今日鳥取からラーメンを食べに来たんですよ。全国で牛骨ラーメンは、鳥取と下松だけなんです」などと談笑。「へーそうなん。知らんかっただい。そういえば、あんたテレビで見たことあるねえ」と言われ「まあ、出たことはありますけど」と苦笑いする米田団長。「開運!なんでも鑑定団」に米田さんが出たときのことを記憶しているのだろうか?おばちゃんスゲー。

紅蘭で食べる米田団長と川崎氏
そんなこんなで、10数分前に初めて会った方々ですが、ラーメン好きという共通項で盛り上がり、お店の方も交えて楽しい時間が持てました。一行はその後「めんくい」「蘭らん」そして最後は「紅蘭」へ。いずれのお店もアポ無し訪問でしたが、歓待を受けました。ありがとうございました<(_ _)>

鳥取と下松で相乗効果を期待

米田団長は「牛骨ラーメンを語るのに、1度は下松ラーメンを食べてみないと!との思いで、下松にやってまいりました。3月16日に鳥取の倉吉市で開く『2014牛骨ラーメンワールドサミット』に、下松ラーメンの関係者の方をお招きしたく、そのご協力も仰ぎに来ました。これを機に、鳥取と下松の相乗効果で、牛骨ラーメンが全国に有名になって行けば嬉しいですね!!」とにこやかに語られました。

 

>>下松ラーメンの通販ページ

>>このページの先頭へ

>>下松ネットTOPへ

下松ネット メニュー

>>TOPページ

鳥取牛骨ラーメン

鳥取県中西部に約20店の牛骨ラーメンメインの店があり、一般のレストラン等も含めると県下に約80店の牛骨ラーメンを出す店がある。もともと鳥取の大山の麓には、日本三大牛馬市、西日本で言えば最大の牛馬市である博労座(ばくろうざ)があり、安価に牛骨が手に入る背景があった。

鳥取牛骨ラーメンのルーツは諸説あるが、米子市の満洲味(ますみ)が昭和21年に創業したのが最初だと考えられている。満州(まんしゅう)で満鉄に勤めていた門脇氏(満洲味初代店主)が中国人のメイドに教えてもらい、その味を日本に持ち帰ったそう。これが蘭州(らんしゅう)ラーメンだったといわれている。ただ満洲味は牛骨・豚骨ミックスの出汁を使っている。

蘭州ラーメン

中華人民共和国甘粛省の蘭州市には3,000軒以上の蘭州ラーメン(牛肉麺)を出す店があるという。蘭州は古くからシルクロードの要衝であり、満州時代は満鉄も通っていた。そう言えば、下松の日立製作所は満鉄の車両を作っていた。下松ラーメンのルーツである紅蘭には「蘭」文字が見える。いろいろな符号が一致してきました。

<資料>ラーメンに詳しい山口県内の有名ブロガー